ポンコツ道楽記

30秒コラム。屁理屈馬鹿のSimple Smart Spicyな暮らしと、たまに愚痴

はじめての白髪染め

最近、白髪がちらほら生えてくるようになった。

 

若いころはロマンスグレーみたいなナイスミドルに憧れていたので、

白髪染など僕には無縁の話だと思っていた。

 

基本的に僕の髪質は直毛なのだが、

どういうわけか白髪になった毛だけ、ちぢれてしまうのだ。

 

なんか、じじいの陰毛が頭に生えてきたみたいで、

どうにも気になって仕方がない。

 

思い切って白髪染めにチャレンジしてみることにした。

 

ドラッグストアで売っている、片手で簡単に染められるという奴だ。

箱に書いてあるとおり、やってみると意外と簡単で、

待ち時間込みで15分くらいだった。

 

出来上がりはなかなか気にいった。

しっかり真っ黒に戻った!!


ただ、どうも頭に白髪染めの匂いが残ってる。

ツンとする臭いがしないと書いてあるのだが結構気になる。

 

生まれて初めての白髪染めなのにどこかで嗅いだことのある臭いだ。
一日中気になってたのだが、試行錯誤の末、ようやくこの臭いを思い出した。

 

サンポールだ。

 

香りにはさまざまな記憶が残る。
いつ、どこで、どんな気持ちで感じたのか。

悲しい記憶、楽しい記憶、ひとつひとつの香りがその記憶とつながる。

そしてこの香りが蘇らせてくれたのが

じじいの陰毛みたいなのが嫌で、染めたら
僕の頭から便器の臭いがしてたということ。

 

キン肉マンの雑魚キャラみたいでなんか切ない。