ポンコツエンジニア道楽記

会社は辞めなくても好きなことして人生は楽しめる。

アメとムチは使い分けられても、どっちもいやだと気づいた。

「アメとムチ」って言葉があるが、冷静に考えてみると
それはどうなんだって感じだ。

だって、ムチで叩かれたら、めちゃくちゃ痛い。血もでるし。
戦闘用のムチになると、痛みのショックで死に至ることもあるらしい。

アメもらったくらいじゃ、割に合わないだろう。

徹底的に鞭で責められ、激痛で床に這いつくばっているところに
投げ出される一粒のアメ玉。「ほーら、アメやるぞ。食えよ。」

これはこれで、結構屈辱なんじゃないか。

そういうのが好きな人はアメもムチもたまらない人だろう。結局、使い分けできないことは一緒だ。

「アメとムチ」、トータルで嫌すぎる。