ポンコツエンジニア道楽記

会社は辞めなくても好きなことして人生は楽しめる。

マリオカート8デラックス攻略 ゴールドマリオとゴールドパーツ

ゴールドマリオとゴールドパーツ。

f:id:ryozoe:20170801000721j:image

 

一通り獲って、まあやりきった感のあるマリオカート8デラックス。そろそろゼルダに移ろうかなと思いつつ、ついついオンライン対戦を始めてしまい、気づいたら日付が変わってる日々。ニンテンドースイッチがお手軽過ぎるせいか、ソフトの入れ替えが唯一めんどくさい。

ダウンロード版にしとけばよかったかな。

 

このハードは人間をどんどん駄目にする。

 

で、本日は普通のマシンパーツからゴールドシリーズの入手の仕方の紹介。

 

それぞれの入手の仕方は、以下の通り。

 

ゴールドカート
150ccグランプリ全てのカップで★1以上になること。普通にやってると多分最初にゴールドカートが手に入ると思う。

3DS版やwii U 版をやり込んだ人ならいきなり150ccからトライするのもありだけど、コイン集めも兼ねてるんで、50ccからコツコツとカップを増やして行く方がメンタル的に気分がいいと思う。

 

ゴールドカイト


条件は、獲得コインが5000枚以上になること。

 

ちなみに、それ以外の普通のマシンパーツは
獲得枚数に応じて、マシン、タイヤ、カイトがランダムに
450枚までは30枚ごと。
450枚~1500枚までは50枚ごと。
1500枚から3100枚までは100枚ごと。

に入手可能。


3100枚で全パーツ揃うので、ゴールドカイトを獲りに行く頃には全て揃ってるはず。

 

順位に関係なく時間さえかければ達成できるんで、難易度的にはゴールドカイトが一番簡単かも。

ゴールドタイヤ


タイムアタックで全てのコースで任天堂スタッフのゴーストに勝つこと。名前が『Nin★~』となっていて、最初から入っているゴーストがスタッフゴースト

 

僕的には、このタイムアタックやってる時が一番楽しい。

グランプリモードはアイテム引きの運で8割方結果が決まってしまうんで、とにかくストレスが溜まる。

タイムアタックだと、後ろから甲羅をぶち当てられたり、なにも悪いことしてないのに雷に打たれたり〜とかもない。そんな理不尽に怯えることなく、一人黙々とタイムを削る作業。どこか写経に近い。

みんなでワイワイ、ドタバタってマリオカートの醍醐味を全否定するみたいで申し訳ないが、タイムアタックが楽しいんだから仕方がない。

 

結局、、、グランツーリスモマリオカートも一人でただ走ってるだけってのが一番好きらしい。

 

タイムアタック上達のコツはまず、「みんなのゴースト」の上位ゴーストをダウンロードして鑑賞すること、みんな「どうかしてる」ってくらいイカれた走りをしてるけど、キノコを使うポイントやショートカット、最短ルートは参考になる。

 

ゴールドマリオ

 

そして、最後はゴールドマリオ。

グランプリモードの200ccで全てのゴールドカップを取ること。

f:id:ryozoe:20170801000836j:image

 

別に星は3つ取る必要ないです。個人的な趣味です。苦行です。ゴールドマリオがとれたら、そこでやめた方がいいです。

200cc。マリオカート8デラックスで初めて追加されたんだけど、スピードが速すぎてブレーキが必須。

 

このブレーキがとにかく辛い。ずっとやってて手首痛めました。

ノーブレーキでドリフトのままコーナーを走り抜けるのがマリオカートの気持ち良さなのにいちいちブレーキで速度を落とさないといけない。

マリオカートとブレーキって相性が悪いんじゃないかな。

200ccのスピード感はとても爽快なんでそのままノーブレーキで遊べるバランスにして欲しかったなー。

 

頭に冷えピタ、手首に湿布、腰にルルドのマッサージクッション。万全のフィジカルケアの元に、ようやく200ccの星3つコンプリート。

 

これで極めた気になっていたが、やはり上には上がいっぱいいる。

そんなこんなでオンライン対戦がやめられない。僕以外の全員が連携して、僕だけを狙ってるんじゃないのか?アイテムのバランスおかしいだろう。

ブツブツ文句言いながらやってるけど、なんだかんだ言ってやっぱり安定の面白さ。

マリオカート8 デラックス

マリオカート8 デラックス