ポンコツ道楽記

30秒コラム。屁理屈馬鹿のSimple Smart Spicyな暮らしと、たまに愚痴

昔話 牛乳キャップ通貨法案'80

お題「わたしの黒歴史」

僕が小学生のころ、学校にお金を持ってくるのを禁止されていた。

もちろん、友達同士での金の貸し借りも駄目だったし
物の売り買いも禁止されていた。

しかし子供はたくましかった。「牛乳キャップ通貨法案」だ。
金の代わりに、給食の牛乳瓶のふたを使う。

漫画、ミニ四駆ビックリマン。あらゆるものが牛乳キャップで取引された。
一台600円のミニ四駆が、牛乳キャップ200枚くらいだったのを考えると、すごい円安だ。

休み時間や放課後には賭場が開かれ、丁半博打が横行した。
ストップウォッチを使ったスロット屋を開く奴もいた。
プロ野球の結果で大量の牛乳キャップが動いた。

ボクは博打で稼いだ牛乳キャップを元手に質屋みたいなことを始めた。
漫画本、ビックリマン、おもちゃを担保に取って、返済は倍返しだ。

最近の子供はタチが悪いとよく言われてる。

通貨制定、常習賭博、高利貸し。
ボクらが子供の頃のほうが、よっぽどタチが悪かった気がする。

 

最期は担任にバレて、牛乳キャップでの物取引は速攻で禁止。あっという間に元の紙クズになった。

少年達に見捨てられ、紙袋に1000枚単位で残っていた牛乳キャップが悪臭を放ち始めて大騒ぎになるのは、それから数日後の話。

 

ちなみに、あと30年とっておけば現在はこんな感じ。

高額牛乳キャップの謎!? - NAVER まとめ