ポンコツ道楽記

30秒コラム。屁理屈馬鹿のSimple Smart Spicyな暮らしと、たまに愚痴

うーん…そうか?子どもは夏休みに退屈な方が健全に成長できる

息子(3)の幼稚園の夏休みを目前にして、タイムリーな話題。

 

要約すると

過度に旅行に連れ出したり、

印象深い体験を過剰に与えたりするのは、

子どもにとっては良くない

興味のあることを自分で探すために、

退屈の過程に時間を費やすことが不可欠

とのこと。

 

いやいや退屈な時間なんて

百害あって一利もないでしょう。

 

っていうか、興味があることって、

わざわざ探す物でもないんじゃないですかね?

とりあえずやってみて、

面白いか面白くないかだけの話。

 

でも、共感してる親御さん多いなー!

 

うちの場合、

ゲームやミニカー、その他諸々のおもちゃを、

子供が欲しがる前に、父親の僕が買って先に遊んでしまいます。

子供が見てないところでコソコソ遊ぶのも

大人気無いし、そんなこと言われてもなー

って感じ。

結果的に与え過ぎになってるかもしれないですが、

わざわざ退屈させるってのは絶対無理。

 

一方で、「退屈させるとスマホやゲームばっかりやる」ってインドア批判の多いのこと。

 

ゲームが好きな子なら、好きなだけやらせておけばいいのに。

外で遊んだ方が楽しいと思えば、子供なんて放っておいても外に出て行きますよ。

 

あれこれ難しいこと考えずに、

親は自分が、スマホでもゲームでも何でもいいから、

どっぷりハマって退屈する時間が無いくらいに

遊んでる姿を見せておけばそれで充分だと思います。

 

今年の夏休みも、僕のやりたいことをやりたいようにやって、

息子が一緒に楽しんでればラッキーくらいに考えよう。