Force times Distance

30秒コラム。設計エンジニアの道楽暮らしと、たまに愚痴

七夕~織姫と彦星夫婦の物語

 

七夕と言えば、彦星(アンタレス)と織姫(ベガ)の物語。

天の川に隔てられた愛し合う二人が
一年に一度だけ逢うことが許されるドラマ。

ただ、このように対象をモデル化する場合
材料に適したスケールで話をしないとおかしなことになる。

宇宙のスケールで「1年に1度」を考えてみる。

 

織姫・彦星の寿命を80歳

恒星の寿命を80億年

として換算すると

1年に1度逢うということは、0.31秒に1回逢っている計算になる。

(たぶん合ってる?)


なんだ、0.31秒に一回って……四六時中一緒にいるってことじゃないか。
全然ロマンチックじゃない。

って言うか、そこまでくるといい加減、倦怠期になってるんじゃないか。

織姫はスッピンでワイドショー見ながらケツをぼりぼり掻く。
彦星は一日中ジャージでゴロゴロ、会話といえば「飯」「風呂」「寝る」。

壮大な宇宙のラブロマンス。

 

夫婦の絆が試されるのはむしろここからか。