ポンコツ道楽記

30秒コラム。屁理屈馬鹿のSimple Smart Spicyな暮らしと、たまに愚痴

ドラえもんが実際にいたら、かさばってちょっと邪魔だ。

お題「好きだったテレビ番組」

ドラえもんが、万能で完璧なロボットだと思われてるようだが、いくつか初歩的な欠陥がある気がする。

まず1つ目、エネルギーの供給を食事で補ってる点だ。

ただでさえ、人口増加による食糧不足が問題になってるってのに、ロボットが人間と同じ食料を食べる。

地球資源の観点からも、これは最悪。

どら焼きとか食べるし。

そして、2つ目は、あのサイズ。

なんで、あんな馬鹿でかいロボットを作るんだ。

22世紀の住宅事情は、現代とは比べ物にならないくらい切迫してるはず。
おそらく、一人当たりの居住スペースは相当狭くなってるだろう。


押し入れ一つ占領するようなロボットを作っちゃ駄目だ。
現時点でも、僕の家にあんなものを置くスペースは無い。

あれだけ数々の道具を作る技術があれば、ソーラー発電と猫型ロボットの小型化ぐらい、造作も無いはずなのに。

ドラえもんは量産型だと記憶してたが、22世紀の世界では、商品価値は余り無いと思う。

多分、売れない。

 

小言とかうるさいし。

100均の水鉄砲をリメイク。スチームパンク化 第3弾

久しぶりにダイソーに行ったら水鉄砲のラインナップが全部新商品に変わってた。

 

恐ろしい速さの入れ替わり。

家電を遥かに超えるスピードだ。

まだ8月になったばかりなのに、夏の間に何回モデルチェンジするつもりだ、ダイソー

 

とは言え、これはもう新作を買わないわけにはいかない。

 

てことで、買ってきたのがこれ。

f:id:ryozoe:20170809165243j:image

ダイソーでは破格の超高級水鉄砲、400円!!

とにかくでかい。先日リメイクして遊んだ水鉄砲と並べるとその大きさがわかる。

 

では、早速、遊ぼう。

前回、まだまだ反省点があったので、スチームパンク化に再挑戦。

まずはもうお約束の下塗り塗装。

ミッチャクロン。

f:id:ryozoe:20170809203731j:image

 

染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml

染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml

 

 

タミヤのサーフェイスプライマーとか色々使ったことがあるけど、やっぱりこのミッチャクロンが一番塗装の食い付きがいい。

ただ、、、臭いがキツイので部屋の中では絶対使っちゃいけないやつだ。

 

15分くらいの乾燥時間で上塗りできるのも、このミッチャクロンのポイント。

 

いつも通り、メタリック系の基本、ブラックで下塗りをしよう。

と思ったら、ブラックのスプレーを前回使い切っちゃってたことが発覚。。。

 

ここまで庭に広げてやめるのもなんなので、続行だ。

f:id:ryozoe:20170809171803j:image

とりあえずグリーンを消すために余っていたシルバーで軽く下塗り。

 

今回メタリック系の上塗りは、いつものタミヤカラーではなく、ホームセンターで見つけた輸入品のスプレーを試してみることにした。 

 f:id:ryozoe:20170809171904j:image

 

エイジドメタリック 312gメタリックラスト

エイジドメタリック 312gメタリックラスト

 

「ラストオレウム エイジドメタリック メタリック」

どこまでが商品名なのかサッパリわからないが、要は錆び風になるってことだろう。

屋外用の防錆塗装にも使えるらしいけど、水鉄砲には過剰品質。まあ、気にしない。

 

ざっと塗ってみると、こんな感じ。

f:id:ryozoe:20170809172706j:image

タミヤカラーのスプレーに比べてかなり軽い吹き心地です。粒子はちょっと粗っぽい気がします。

ちょっとギラギラしすぎか!?と心配になったけど、しばらく天日干ししたら、こんな感じ。

f:id:ryozoe:20170809181016j:image

 おお、なかなかいい感じ。

これはアンティーク風の塗装をするのにも使えそう。

っていうか、本来の用途はたぶんそっち。

 

スチームパンクの肝と言えば、蒸気と油で汚れた使い込んだ感。

つや消し系のグレー、ライトサンド、オリーブで汚し塗装で再現してみる。

f:id:ryozoe:20170809175810j:image

 

ここで注意!!

「ラストオレウム エイジドメタリック メタリック」(長い)の成分表示を見ると樹脂系とある。それしか書いてないんではっきりわからないが、アクリルやエナメル系の可能性が高い。

 

基本的にアクリルやエナメル塗料の上から、ラッカー系のタミヤカラースプレーを塗ったらダメです。塗装が溶けます。

 

なので、「ラストオレウム エイジドメタリック メタリック」(長い)が、しっかり乾いた後に恐る恐る遠距離から、優しくうっすら吹き付けます。

塗るというより、粉を載せる感じ。

 

まあ、汚すのが目的なんで、ちょっとくらい下地が溶けても気にしない。

 

次に卑猥な形の巨大な水タンクを塗装。

f:id:ryozoe:20170809180218j:image

シャンパンゴールドで銃の色とコントラストを付けよう。

f:id:ryozoe:20170809180331j:image 

乾いたら、銃と同じようにつや消し3色セットで汚し塗装。

f:id:ryozoe:20170809180543j:image

完成するとこんな感じ。 

今まで作った水鉄砲では一番の出来。

やっぱ、調子に乗ってベタベタ塗らず、うっすら質素にやるのがいいんだな。

f:id:ryozoe:20170809180832j:image

写真だと汚し塗装がわかりにくいのが残念。

 

今回使った「ラストオレウム エイジドメタリック メタリック」(長い)が、かなり良い色味なのも収穫だった。

そのうち妻からアンティーク雑貨を作って♩

とか言われそう。

 

まあ、まだ結構余ってるし夏休みの工作で遊べる予感。  

オバQに野暮なこと言ってみた。

さて、俗に言う「美人」「ブサイク」という評価は
極めて定性的で基準の曖昧な評価だ。

そこで、世間の多くが「美人」と表現するシステムを想像し
その平均に近い認識を心がけ、客観性を考慮したつもりで書くが

オバケのQ太郎が、U子さん惚れてるってのはどうなんだ。

f:id:ryozoe:20170808012243j:plain

 

オバQ U子さん - Google 検索

人は外見によらないということは重々承知なのだが、

ウィキペディアにあるように「がさつで乱暴、家事が一切できない。」

 

かなりあやふやな記憶ではあるが、基本、暴力のイメージしかない。

 

それにもかかわらず、Q太郎の一方的な片思いで
しかも、全く相手にされてない。

子供の頃からどうしても納得いかない話だ。
いまだに満足のいく仮説を立てることが出来ない。

こうして僕は少年時代、
価値観の多様性を知り。
世間が自分中心に回ってないことを学んだ。

アメとムチは使い分けられても、どっちもいやだと気づいた。

「アメとムチ」って言葉があるが、冷静に考えてみると
それはどうなんだって感じだ。

だって、ムチで叩かれたら、めちゃくちゃ痛い。血もでるし。
戦闘用のムチになると、痛みのショックで死に至ることもあるらしい。

アメもらったくらいじゃ、割に合わないだろう。

徹底的に鞭で責められ、激痛で床に這いつくばっているところに
投げ出される一粒のアメ玉。「ほーら、アメやるぞ。食えよ。」

これはこれで、結構屈辱なんじゃないか。

そういうのが好きな人はアメもムチもたまらない人だろう。結局、使い分けできないことは一緒だ。

「アメとムチ」、トータルで嫌すぎる。

トトロに野暮なこと言ってみた

となりのトトロって、食ったら美味そうじゃないか。

 トトロは確かトウモロコシとか木の実を主に食べてたはず。
基本的に草食動物の肉というのは食える。

あれだけ丸々太ってるんだから、焼肉にしたら絶対美味い。
冷凍保存すれば、一匹で一家族が一年くらい食っていけそうだ。
タン塩だけでお腹一杯になれる。

見た感じ、味は豚より牛に近いはず。

トトロは純粋な心をもった子供にしか姿を見せない。
しかし、純粋な心をもった子供はトトロを食おうとか考えないだろう。

永遠のパラドックスだ。

 

でも、よくよく見るとトトロの目は怖い。

人、2、3人やっちゃってる奴の目だ。

死んだ魚の目というか、

他の漫画だとちょっとヤバイ奴の目を書くときの表現だ。